本文へ移動

社会福祉法人愛の鈴からのお知らせ

2018-06-30
法人の「定款」「役員及び評議員名簿」「役員等の報酬基準」を公開しました

町田おかしの家からのお知らせ

ケアホーム愛の鈴からのお知らせ

はじめに
障がいを持っていても、社会の一員として価値ある存在であるという創設者の理念のもと、町田おかしの家は生まれました。
故 植草澄子
「町田おかしの家」(当時 おかしの家 愛の鈴)の創設者
銀座曙の経営を行いながら、ダウン症の障がいをもつ智子さん(次女)の学校卒業後の進路先や親亡き後の生活等を含め、同じ悩みをもつ障がい児・者の親の気持ちを世の中の人たちに理解してもらう為、鈴の会をはじめとする様々な活動を行う。 
1984年に「曙」多摩作業所(後の心身障害者通所授産施設 おかしの家愛の鈴)を発足。
創設への思い
  カタチは違えど、人間 皆 同じ大きさの価値をもらって生まれてきています
それが、現代社会、特に現在の経済活動の中では、評価され難いのかもしれませんが、たとえば、彼らと一緒にいると、心に傷を負った人が早期に癒されるといった事象も多く見ています。それは彼らの見えない力のおかげだと思っています。彼らの、そうした見えない力の価値を、広く社会に発信する機会を作りたいと思っています。
 障がいのある人たちが、仕事を通じて、素敵で楽しい人生を送れるような場を作り出すのが、亡き澄子の願い出あり、私たちの使命であると考えています。
 
理事長の紹介はこちら
町田おかしの家
ケアホーム愛の鈴
求人・ボランティア募集

みんなと仲良く素敵で楽しい人生を送りましょう!!

東京都町田市の社会福祉法人愛の鈴では、多様なサービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、「自立した生活を地域社会において営むことができるよう」支援することを目的に活動に努めております。
社会福祉法人愛の鈴
〒194-0035
東京都町田市忠生2-7-9
TEL.042-792-9773
0
1
3
6
4
4
TOPへ戻る